ST-150e WIN10アップグレードメモ

ST-150eはepsonの超小型パソコン。(10年前の製品)
同類のST-110を長年使っていましたが、XPで快適なもののさすがに古すぎです。
オークションで後継機が安かったので入手。
win7-32が入っていましたが、win10への情報がなかったのでマイメモ

結果:win7-32からwin10-32にソフトウエアを引き継ぎアップグレード成功
BIOSは最新にした。カイレンUSB2.0VGAアダプタのみ使用不可)
導入当初は、”予約済みパーティションを変更できない”というエラーが出たが、パーティションを増加させて成功
HDDパーティション変更フリーソフトを試す。

新規インストールであれば問題ないと思われる。
(win10-64でも導入はできたが、ライセンス認証できず。)

st150ヤフオク ヤフオクST150e

win10にアップグレードした後のデバイス状況

win10[6]

デバイスマネージャ

デバイスマネージャ2

デバイスマネージャ3

デバイスマネージャ4

win7をwin10に自動アップグレードさせない設定(しつこいアイコンを消す)

WIN10にアップグレードしてほしいようですが、いざアイコンをクリックして導入しようとすると、
image
申し訳ありませんが・・互換性がない・・このPCはWindows10にアップグレードできません。
でもアイコンは消えません。
そこで、win10アップグレードアイコンを消します。

アップグレードソフトKB3035583をアンインストールすれば良いという情報があったので、やってみました。
ところが再起動すると当初はよかったものの、いつのまにかまた現れています。 しつこい。

別の情報に、レジストリで停止させるというものがあり、これでアイコンが消えました。(いまのところ)
⇒ 2日後 またアイコンが・・・
image


【やったこと】
要するに、redieditを立ち上げ、
・HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate をDisable (無効化)させる。

・WindowsUpdate の値が無いときは、コマンドプロンプトで直接作る。


コマンドプロンプト

コマンドプロンプトは管理者として実行。

WindowsUpgrade

すると、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdatができた。

disable

これをクリックすると、Disabという値ができたいたので、

値のデータを1

データを1とした。 1=Disableですね。

image
再起動後アップデートアイコンは消えました。

参照サイト:Windows10 自動アップデートを防ぐ方法
https://pasonal.com/windows10-autoupdate-block/


以上はWindows7PRO64bitの場合でした。32bitでもやってみました。


結局のところ、設定だけでは限度があります。マイクロソフト社としては、ぜひともWIN10をおすすめしたいのでしょう。 そこで、フリーソフトを導入してみました。

never10
Never10にお世話になります。
never10[5]
https://www.grc.com/never10.htm
never10.exeを実行
Windows10 OS Upgrade is ENABLE(アップグレード有効)になっていますので、Disable Win10 Upgradeをクリック。
disable
すると、
Windows10 OS Upgrade is DISABLE(アップグレード無効)に変わりました。
⇒ このあと再起動すると、
アップグレードアイコンが消えた
WIN10へのアップグレードアイコンが消えています。

テキスト文書をwinxpで開くと文字化けする。 文字コードの問題。

昔使っていたwindows xp機、久しぶりに起動させたところ、システムメニューやノートパッドで開く文書が文字化けする。
原因→システムローケールが中国語になっていたためと判明。


このXPには、中国語のソフトをダウンロード・インストールしていたことがあった。
本機のXPは、win2000からのバージョンアップ Windows xp-pro 32ビット 導入した中国ソフトは、PPTV、QQなど。

以前の文書が文字化けしている。

ノートパッドで開いたテキスト文書
このテキスト文書は他機で作成したもの。 本機で追加した文字は普通に表示している。

 

文字化け状況

文字化け後に導入したソフトウエアの日本語部分も文字化けしている。

メニューの文字化け

地域のオプションは日本語、FEP設定から中国語を除いても同様。
導入したと思われる中国のソフトウエアを削除しても同様。

 

他のパソコンで作成した文字

本日は晴天なり。  という文面のテキスト
他のパソコンのノートパッドで作成した文書。 文字化けしてる。 フォントを変えても文字化け字体h変わらない。

もしかすると、中国のパソコンで日本のメールなどを読むとこうなるのか。

メールソフトでも文字化け

メール(outlook express)で確認すると、受信件名では読めるものと読めないものがある。
ただし開いた文章は文字化けしていない。
送信では、文字化けしていない。 (受信側で確認)

 

 

解決策

・Microsoft AppLocale Utilityを導入

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=13209からダウンロード

apploc.msi
Microsoft AppLocale Utility 日本語版 apploc.msi

applocaleインストール

Microsoft AppLocale Utility をインストールする。 apploc.msiをダブルクリック

applocaleを実行

導入されたapplocaleを実行。

wizardが始まる

AppLocaleの開始

メモ帳を指定[4]

メモ帳を指定 (ノートパッドのアイコンをドラッグ&ドロップ)

 

確認

日本語のまま次へ

チェックを入れて完了

常にAppLocaleで実行するにチェックを入れると、リンクの説明ボックスに notepad と表示された。

 

新たにできたメニュー

Appぉかぇ

 

文字化けしていたテキスト文書

最初の文字化けするテキスト文書を読ませると、文字化けしていた部分が読めるようになった。

ただし、逆に新たに入力した部分が文字化けした。

 

 

この読めるようになったテキスト文書をunicodeまたはUTF-8で保存すると、通常のノートパッドで開いても文字化けしないようになった。

 

窓の森

unicodeになった後にinstallした「窓の手」は、メニュータグが文字化けしている。

これを AppLocaleで経由で実行すると文字化けしない。

窓の森[4]

メニュータグが正常表示。

 


 

これらのことから、このXPでは一部がunicodeで設定されているようだ。
いまさらxpではあるけれど、文字コードの理解を深める参考になった。

その後、文字化けの原因は、システムローケールが中国語になっていたためと判明。
これを日本語に戻して、正常になった。 ただし、中国設定にしていた際にインストールしたソフト、作成したテキストは文字化けのままであった。 ソフトは再インストールした。

日本語へ戻す手順
コントロールパネル⇒地域と言語のオプション

Image635876151821406250

地域と言語のオプション[5]
「地域と言語のオプション」内の詳細設定タブを開く。

日本語を選択
中国語になっていたので、日本語に設定。
これで、システムの文字コードがユニコードからshift-jis になるようだ。

参考サイト
Windows XP Professional の多言語オプションの比較:https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb457045.aspx
文字化けを解決する―Windows:https://csm.hakurakuryo.org/first/first3.htm