wi-fi ルーターがGuestというオープンの接続ポイントを出している

ルーターのゲストモード

image

パソコンのwifi 接続を見直していたら、鍵のマークの無いものがある。 これは、だれでもパスワード無しに接続できる。

image
試しに接続して速度を計ると、64Mbps も出ている。早い。

image

しかし、どこの誰が無料で・・
と、よく見ると当方のアクセスポイントと同じ名前。
Guest と入っているだけの違い。

もしやと、ルーターの電源を切ると、このゲストサイトも消えた。
しまったー うちの設定が甘いではないか。

実は、夏の暑いときにルーターがしょっちゅう切れることがあって、あわてて買い換えていたもの。
めったに切らず接続したままなので、設定も買った時のまま。
良く見ていない。

設定画面への入り方さえ忘れている。


ルーターの設定変更

image
ルーターの設定用ログイン画面

ルーターの設定をするには、ブラウザでアドレスをtplinkwifi.netとして開くと出てきた。

image
ログインすると、現在の接続状況が出た。
そして、左のメニューに”ゲストネットワーク”とある。
あーこれだなと確信。
誰かに乗っ取られたか?とも思ったが、杞憂(きゆう・悪く考えすぎ)でした。

image

ゲストネットワークを有効にする。というチェックボックスにチェックが入っている。 (2.4GHz用だけでした。)
これのチェックを外すと、Guest サイトは消えた。

ゲストモード(Guest)は、去年の夏にルーターを買ってから今日まで、1年ちょっと提供していたことになる。
(買ったときに接続して以来、設定を変えていない。)

ゲスト用は、インターネット接続だけにアクセスが制限されていて、当方のPCデータが漏洩することは無いようだ。

そもそも接続している者がいなければ、なんら影響はない。
勝手に接続されていたとしても、接続速度が多少落ちるということだと思います。
ゲストモードは、外来者にネットルートを提供する際にはたいへん便利ですね。ということを認識しました。


ついでにファームウエアの更新を実施した。
5分程度かかった。 接続を最適化すると説明にあった。


image

接続速度を計ったら、72.35Mbps 。 過去最高かもしれない。

image
https://www.speedtest.net/

このルーターにしてからは夏の室温(最大30度程度)でも良好でした。
image
‎TP-Link Archer C6


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA