弥生の青色申告・バックアップ用に2台めに導入

弥生の青色申告を1ライセンスで継続使用しています。
排他使用で2台まで使えます。 
今まで1台使用でしたが、2台目にも入れます。

・導入方法
 ネットから製品版をダウンロードできる。
 導入後ライセンス処理を行う。
 その後データを取り込む。

・最新版はアップデート版なので、直前の製品版を使う。


導入の実際例

image
https://www.yayoi-kk.co.jp/yss/download/index.html

弥生製品のダウンロードページを開き、最新版を選択しようと弥生22シリーズ開くと、UPDATE版しかありません。
そこで、弥生21シリーズを開きます。

image

こちらはインストール版のようです。
image

ダウンロードします。 サイズは407MB

これを普通にインストール
image

プログラムはネット経由での導入

image

image

導入されるソフトウエア一覧が出るので確認


起動

image

7種類のプログラムが導入された。

最初は、ライセンス認証でしょう。

image
弥生ライセンス認証管理プログラムを立ち上げると、認証可能なことを示す、「未認証」の赤印が見える。
これで、ライセンスできそうです。

「製品登録番号」を入れると、「お客様番号」の入力欄が開く。

image

処理を開始をクリック

image
認証完了。

image

無事起動。

これで、2台のパソコンで使えるようになりました。

ついでに弥生ドライブ(クラウド)にデータを保存する設定にしました。
これで、起動時はドライブから読み込み、終了時にはドライブへ書き込むようになりました。

1台を使用しているときに、2台目を立ち上げると、ドライブ使用中となって、データを取り込めません(編集できません)となりました。

image
2台めを立ち上げ編集するには、1台目の使用を終了させれば良いとわかりました。

image

なるほど、これならデータは常に最新状態が維持されますね。

・弥生ドライブの使用設定(弥生ドライブ連携)の開始はアイコンクリックだけでした。
 ナビゲータ → 事業所データ(タグ)→  弥生ドライブに移動(アイコン)


弥生社のページへのリンク >>2台のコンピュータで使いたい


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA