google翻訳手書きパッドの反応が遅い

googleでの言語入力では、手書きが使えます。
これにより、中国語、韓国語、タイ語等入力が難しい文字も手書きで認識させて翻訳でき便利です。
マウスでは不便なのでタブレットとペンが最適だと思います。
この際、書こうとするといちいち引っかかるようで書きにくい。
なんだろう。 どうにかならないのか。

プレスホールドを右クリック認識
ペンとタッチの設定でプレスアンドホールドを右クリックとして認識させる設定になっていました。 このため、書こうとしてペンを置くと、右クリックなのかと認識されそうになる際に遅延(ひっかかり)を感じたためでした。
このチェックを外してスムーズな入力になりました。

手書きでの引っ掛かりは、右クリック認識
google翻訳での手書き入力。 ペンを置いたときに、右クリックと認識させると円形マークが出る。この認識動作をするので、一瞬遅くなって、書きにくくなっていました。


プレスアンドホールドを右クリックとして認識を解除する方法。
ペンとタッチ設定

コントロールパネルから、ペンとタッチを選択

ペンとタッチ設定[4]

ペンのオプション ⇒ ペン操作 ⇒プレスアンドホールドを選び
⇒設定

右クリックとして認識するのチェックを外す

すると、プレスアンドホールドの設定が出るので、CK(チェックマーク)を外す。

なお、引っ掛かりは、他のソフト(paintなど)でも同様です。