ISDN3番号使用から、IP電話ルーターへ設定試行2(鳴り分け設定)

前回の設定:ISDN3回線鳴り分け+VDSLネット回線から、光電話ルータへの変更メモの続編。 2番号での鳴り分けは成功(やはり単独3番号にはできていない。)


ひかり電話ルータ同梱の説明書は、ペラペラの紙の説明書のようで、まったく要領を得ない。とりあえず設定を覗く。

内線設定画面

内線設定を見ていると、どうもアナログ電話が2台と、IP電話機が5台使えそうな感じがする。
現在はIP電話機を持っていないので、アナログ端末を考えよう。
操作項目の編集を見てみよう。

アナログ端末編集
アナログ端末の内線設定を見ると、契約している3つの電話番号が表示されており、着信番号3つすべてがCKされている。
これを変更してみよう。
電話着信設定

内線番号1には、主電話と予備電話番号で着信。 通知は主番号

内線2(TEL2)
TEL2の設定は、FAX用番号とした。
これで鳴り分けられるはずだ。
FAXは無鳴動着信にしている。

鳴り分け成功。
要するに、今の時代はIP電話機が普通になってきているので、アナログポートは不要になってきたということですね。

ナンバーディスプレー
古い電話機にナンバーディスプレーが表示された。

古いけれど子機にPHS端末が使えて便利なので未だに使っています。VE-PVC01L
ナンバーディスプレーは、別途有料契約であったので使わずにいましたが、今回のひかり電話導入で、初めて作動しました。
(履歴がたくさん出るのは知らなかった。)

 


既存アナログ電話機の3台目をつなぎたいときは、IP電話アダプタをつければできそう。
今は3番号目を使わないので、現状2台で良しとします。
(3番号は、主電話に着信させる設定)


p.s: その後、FAXが来ないなー と感じていたら、「FAX届きませんよ。」という連絡があった。

結局、ルーターの設定を変えて受信できるようになりました。
電話として送信できていたので気づかなかった。 FAXへかけると無音だった。
これは、高音域で通信しているのだと思っておりました。

image

電話設定(192.168.1.1 user パスワードで入る。)
 ↓

内線設定

image

内線番号2 を編集する。
image

ひかり電話設定でのck(チェック)を全部外す。
デフォルト(基本設定)では、以下3つにckが入っていた。
これを外した所、FAX自動受信(無鳴動)が正常にできるようになりました。

☑ナンバーディスプレー
☑割り込み音設定
☑エコー・キャンセラ

faxに電話すると、「ピー ガー」と帰ってきます。