圧縮ファイルをサーバー上で展開

wordpressをサーバーにアップロードして、設定していました。
千個以上のファイルをアップする時間がばかばかしくなったので、圧縮してアップロードすることに挑戦。サーバー上で展開させます。

 

image
(1) zipファイルと、unzip.phpファイルを、同じ場所にアップロード
ffftp使用。

image

数秒でアップロード完了した。

(2) phpを実行する。

ブラウザでhttp://**.jp/unzip.php  をリターンで実行させたところ、一瞬で解凍成功の表示
image

ffftpで確認してみると、wordpressが展開されていた。
すごい。 圧縮前の導入pluginも一緒に展開されるので便利。
image

(3) unzip.phpと.zipファイルは不要なので削除する。


参考サイト:ZIPファイルをサーバー上で展開してくれるスクリプト
http://wp-webzine.com/blog/2013/12/01/post-450/

 wordpressをダウンロード https://ja.wordpress.org/

image

解凍させると、wordpressフォルダーができた。
あれ? .tar.gz形式かと思ったら、最初からzip形式でした。
解凍させる必要ありませんでした。
image
wordpressフォルダーの中身。 千以上のファイルができています。

練習も兼ねて、これを再度zip形式に圧縮(lhaplus使用)
image
wp-load.zipというファイルができました。
これをそのまま使います。zipファイルのサイズは8.14MB
もともとの容量は9.11MBでしたので、若干小さくなっています。

これをunzip.php 等でshift.jis(ANSI)で保し、同じディレクトリに置く


zipより、.tar.gzをそのまま解凍したほうがよさそうです。

サーバ上で解凍できるzipファイルは2GBまで。
.tar.gz ファイルであれば容量制限は無い。
7-Zipです。一旦、ファイル群をtar ファイルへまとめてから、もう一度、 gzip で圧縮すると、 .tar.gz ファイルが出来る。
https://pct.unifas.net/programming/php/2984/

なにしろ、wordpressをダウンロードすると、.tar.gz形式ですから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA