一度消えたlivewriter日本語版がインストールできる。

essentials2012
Windows Essencial2012は、2017年1月10日に終了したのですが・・・
2017年07月07日15時時点の表示
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/13785/essentials-2012-release-notesより切り取り引用

windows livewriter(ライブライター)は、知る人ぞ知る投稿用ソフトです。
この投稿にも使用しており、一般のブログ・サイトだけでなく、Wordpressサイトの投稿が非常に便利です。
(画像の嵌め込み、文字の修飾、過去記事の修正等々が楽)
特に、サイトを10以上持っているような場合、ライブライターで単独振り分け投稿ができるので、各サイトの管理画面に入る必要がほとんどなくなります。

この無料有料純正ソフトが、今年2017年の1月にサポート終了し、オープンライブライターhttp://openlivewriter.org/に移行しています。
ところが、このopenlivewriterは、日本語化がされておらず、プラグインもまだ公開されていません。

そのせいでしょうか、最近気づきました。
まだ、Windows Essencial2012が導入できます。
(Windows Essencial2012の中に、livewriterが入っています。)

入手先→ wlsetup-all.exe これをダウンロードして、実行させ、liveriterを選択して導入。

外部参考サイト:技術屋さんの小さな日記帳 さん。
https://lil.la/technology/post-2277


ただーし。
ここからは、実体験情報です。(2017-06-28時点)

・Windows7では、livewriter2012が入り、日本語で使えました。
・しかし、windows10では、なぜかlivewriterの初期バージョンが入りました。

初期バージョンでも、基本的な機能はほぼ同じです。 メニューの位置が違う。
あとは、横線入れるアイコンが無い程度だと思います。
(初期バージョンは、XPで使うものと同じ。)

:初期バージョンで設定した投稿サイト情報は、2012には簡単に移行出ません。
基本的に、2012間でも設定情報を共有できません。(英語版は、プラグインで可能)
essencial(必須、本質)だけに、windows os自体に深く入り込んでいるから?

p.s 2018.01.27
waybackmachinに保存されていたwlsetup-allを使い、他のwin10マシンで試したところ、live-writer2012が普通にインストールできました。

image

実行ファイルの場所は、Programfiles(x86) > WindowsLive > Writerにあります。WindowsLiveWriter.exe