ubuntuの日本語設定メモ

 

最終的な設定メモ(自分の場合の一例)

右上アイコン
右上アイコンの状態

入力メソッドの設定
入力メソッド:Mozcとキーボード-英語(US)

入力メソッドの設定[4]

キーボードレイアウトを確認

言語サポート
言語サポート:日本語、English :IMシステム fcitx

テキスト入力

テキスト入力:日本語(OADG 109A)、英語(US)

キーボード確認
キーボードのアイコンをクリックして

キーボード
OADG 109Aの配列であることを確認

半角が全角になる

半角入力にして確定すると全角になる場合、
全角を半角に

Mozcのアイコンから、全角文字を半角文字に設定
半角が正常に

すると、半角を正常に入力できる。
変換モード

変換モードでも変更できる。

半角の¥マーク

¥マーク、@マークの半角全角設定など。

Mozc設定ツール

Mozcツールの設定ツールがあり、

Mozcプロパティ

キーの設定をATOK、MS-IME、ことえりに変更できる。
キー設定


途中の試行錯誤

日本語が入力できない。
・設定項目が多すぎて混乱。
・現状の不具合→ キーボードレイアウトが特殊なものになる。
原因入力のメソッド Moscをクリックしたところ、(Dvork)の設定になっていた。


設定項目

・言語サポート
 言語サポート
 ここに言語と、Input Methodでしょうか、IMシステムという項目があります。
設定へ: システム設定→言語サポート
 
・テキスト入力

 テキスト入力設定
使用するキーボードの配列を選択
キーボードへのショートカットの割り当てなどもできる。

テキスト入力
設定へ: システム設定→テキスト入力
または、システム設定→キーボード→テキスト入力

・既定のキーボードレイアウト

既定のキーボードレイアウト_thumb
既定のキーボードレイアウトという項目があったので、usから日本語へ

 

インプットメソッド設定


ファイルを開いて、いろいろクリックしていたらこんなメッセージが

インプットメソッドの現在の設定:
* 有効設定: fcitx (通常 missing)
* 自動設定: ibus (通常 ibus か fcitx か uim)
* 有効選択肢数: 3 (通常 1)im-config による設定は X を再起動することで有効になります。
もし有効設定がdefault/auto/cjkv/missingの場合は、自動設定を有効にするために明示的選択の必要はありません。
  使用可能なインプットメソッド: ibus fcitx xim
これらすべてが必要でない場合は、必ず一つだけのインプットメソッドツールをインストールするようにしましょう。


Dvork設定

入力のメソッド Moscをクリックしたところ、(Dvork)の設定になっている。
これが原因のようだ。

キーの設定


おおー! これで日本語入力が可能になりました。
ubuntu日本語入力成功

すばらしい。 とにかく見やすいし、安定している。
これはlibre Office Writer。 最初から入っていたもの。
二画面にして、右にcalc(表計算)を置いてみた。
二画面
これは使えそうです。


その後の不具合


その後、フォントが急に大きくなる不具合。こちらのサイト記事と全く同じ現象が発生。
Unity Tweak Toolでテキスト倍率を2.44から1.0にすれば良い。ということです。
ところが、検索入力欄が表示されないこともあって、Toolを入れられませんでした。
ubuntu[1]
拡大表示のため、検索入力窓が表示されず、入力できない。

目次から探すもののたどり着かず、結局あきらめてubuntuインストール成功後のバックアップコピーを使用。
Unity Tweak Toolは、最初に入れておこうと思います。

ITメモ(パソコン設定備忘録


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA