遅い~起動時にメモリ%が50%近い

image

起動時のリソース(タスクマネージャ)を見ると、対策前はメモリが46%あった。
このスクリーンショットは、対策後。 メモリは31%に減り、ディスク、CPUは0%を表示できるようになった。


なぜか遅いDELLノート。 corei5、SSD搭載機とは思えない。
(もう一台の同様dellは早い。 こちらは対策しなくても起動時メモリは29%対策後は24%)

両者の違いはタッチパネル付きかどうか。 遅いのはタッチパネル仕様

対策してみたところ、なんとか使えるようになりました。
ちなみにwin10 32bitですが、64bitでも同様だと思います。
(もともと64bitで遅かったため。)

効果の大きかったのは、バックグランドサービスを停止させ、スタートアップを最小にしたことです。
image

設定→プライバシー

image

バックグラウンドのアプリを選択

image

アプリのバックグラウンド実行を許可する→ オフ

これでハードディスク(SSD)へのアクセスが極端に減りcorei5の性能を感じられるようになりました。2019.05.15やっぱり遅い。ただし表示は非常にきれい。

P.S.
この対策の前にやったこと。
・不要なサービスの停止 theme、search、他
・スターアップの起動最小化
image

常駐ソフトは、必要なプリンター、バッテリ、オーディオ、Everything のみ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA